素敵な大人女子ブログ

パーソナルカラーなのに似合わないのはなぜ? その2

こんにちは。
大田区蒲田のパーソナルカラー、骨格診断サロン
Reinette color&style(レネット カラー&スタイル)のオカ ミクです。

さて、先日の「パーソナルカラーなのに似合わないのはなぜ?」の続きです。

もう1つ、可能性があるのは
パーソナルカラーそのものが変わってしまったという事。

パーソナルカラーシステムが日本に普及しはじめた1970年代から90年代前半まで、
「パーソナルカラーは一生変わらない」と言われて来ましたが、
その後の研究で、日焼け、加齢、体調、食生活の変化など後天的な要因により、
似合う色が変化する事が実証
されています。

2つのシーズンの境目にいらっしゃるような方は、ちょっとした変化でも
「あれ?なんだかパーソナルカラーが似合わなくなった?」と感じるかもしれません。

なかでも日焼けはすっごく分かりやすいですよね。
春に似合ってた淡いピンクのTシャツが、日焼けしたらなんだか浮いて見える
なんて体験ありませんか?

また女性の場合、生理中はいつもより顔色が青ざめたり、
妊娠中はホルモンの影響でいつもと肌色が違ったりします。

診断はなるべく、ベストな体調で受けられるほうがいいです。

日本女性の色素は、とってもデリケートで微妙な違い。
「あれ?」っと思われた時には、診断を受け直されるといいですよ

パーソナルカラー診断・骨格診断のメニュー&料金はこちら パーソナルカラー診断・骨格診断のご予約はこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA