【骨格診断】似合う服をアイテム名で覚えてはいけませんぞ。


骨格診断ストレートの私にプリーツスカートは似合いますか?

骨格診断ナチュラルに似合うと言われたのに、タイトスカートが似合いません

よくこんなご質問を頂くのですが、これちょっと危険です。 お答えとしては 「骨格診断ナチュラルの人に似合うタイトもあれば、似合わないタイトもある」 「骨格診断ストレートの人に似合うプリーツスカートの着方もあれば、似合わない着方もある」 となります。 骨格タイプ別にどのアイテムも、選び方、着こなしのポイントがちゃんとあります。 ですから、このアイテムならOK、このアイテムはNGと

ファッションアイテム別にざっくり仕訳してしまうのは

とても大雑把すぎますし、ある意味危険な事です。 骨格診断では、自分に似合う服の特徴を掴んでいただく事がとても大切ですよ。

その為レネットのコンサルティングでは、

ファッション誌を使った似合うアイテムの見分け方レッスンが組み込まれています。 普段雑誌を読まないし、わざわざ買うのももったいないから 雑誌のレッスンは必要ないです。と思う方! 通販カタログでも、図書館で借りてもかまいません。 ぜひ!ぜひに!1冊は雑誌をお持ちになられる事をおすすめします。 この作業中の皆さまの感想は そうか!だんだん見分けのコツが掴めて来たぞ!」です(^^♪