イエベ・ブルベとは

パーソナルカラーでは全ての色を、まずは2つのタイプに分類していきます。




・黄みを含んであたたかく感じるの色をイエローベース(イエローアンダートーン) ・青みを含んで涼しく感じる色をブルーベース(ブルーアンダートーン)



これらは、最近雑誌やSNS等でよく見かける、「イエベ」「ブルベ」をいう言葉の原型です。

イエベ=イエローベースの色、もしくはイエローベースが似合う人。 ブルベ=ブルーベースの色、もしくはブルーベースが似合う人という意味で使われています。





パーソナルカラーといえば、イエローベースとブルーベースのどちらが似合うかに関心が集まりがちですが、ベースはパーソナルカラーを決める要素のひとつに過ぎません。


ベースよりも、色の明るさや鮮やかさなどの方が「似合う色」の決定に大きく影響を受ける方も居る為、ベース診断は似合う色を知る為の手がかり程度に考えると良いです。

ベースカラーの診断では、肌が美しく見える理想の血色感がわかります。 例えば、下の写真の女性は左側のブルーベースの色では顔色が青ざめて不健康に見え、右側のイエローベースの色で血色が満ちイキイキと見えます。


また、肌色や瞳、地毛の色など、体表にあられる見た目に色と、ベースカラーは必ずしも一致するとは限りません。 一見肌色が黄色く見えても、イエローベースの色では肌がくすみ、ブルーベースの色で綺麗に見えるようであれば、その人はブルーベースの人と考えます。 実際にどちらのベースなのかは、ドレープという診断用の布を当て確認する事で初めてわかります。