パーソナルカラーで自分の魅力を認めてあげよう。

突然ですが、あなたは自分の容姿が好きですか? あなたのチャームポイントってどこですか? そう聞かれたときに、ちゃんと答えられますか? 昔の私は、ずっと答えられませんでした。 なぜなら、自分の外見をどうしても好きになれなかったから。 今日は、私の事を少しお話させてください。 子供の時から黄みが強く、浅黒く日焼けした肌がコンプレックスでした。 ちゃんとお風呂に入ってるのに、どうして清潔感がないのかな? そんな風に思っていました。 子供のころから、憧れの美人像は バラ色の頬に、抜けるように白い肌。 パッチリ二重の華やかで曲線的な顔立ち。 まさに「ベルサイユのばら」のマリーアントワネット様w 憧れのパステルカラーの服もこの肌色のせいで、着るとすごく野暮ったい。 おまけに、ボーイッシュで直線的な顔立ちも、かわいいアイテムを似合わなくさせる。 理想の美人要素を、私は何一つもっていない。 そんな劣等感が大人になるまでずっと付きまとっていました。 「未来に、とても似合うよ」 そういって、母が選んでくれるお洋服はベージュ、カーキ、ブラウン。 そう、まさに私のパーソナルカラー、秋色でした。 しかも成人式の振袖はマスタード(笑)私のベストカラー!すごいでしょ? 今思えば、私の魅力を一番理解してくれていたのは母でした。 パーソナルカラー理論なんて、まったく知らなかったのに見事なお見立てです。 でもね、それら似合う色もキュートなパステルカラーや、 元気な原色のお洋服を身にまとったクラスメイトなかでは、 ちょっと地味で異色な存在。 「おばあちゃんの服みたい」 何気なく言われた友達の言葉に、泣きたいほど恥ずかしい気持ちになって それ以降、アースカラーのお洋服が大嫌いになりました。 私は、みんなと違うんだ。 この顔と肌のせいで、みんなみたいにかわいいオシャレはしちゃいけないんだ。 そう思った私は、目立たないように、おばあちゃん色は避けてw 黒、グレーなどの無彩色ばかり身に着けるようになりました。 それは大人になり、自分のパーソナルカラーを知った後もしばらく続きます。 だって、あれほど嫌ってきたアースカラー、 似合うなんて言われたって、どうしても受け入れる事ができなかったのです。 ちょっと長くなってしまったので、次回に続きますね。 次は、どうして私がパーソナルカラーを受け入れるようになったか お話させてください(^^)/

img_3351