パーソナルカラーに関する誤解 その1

パーソナルカラー=色白に見える色。 そんな誤解があるようなので、ちょっと違うよ~ってお話です。 他サロンで診断されたときに 「色白に見えるから、あなたはサマーと言われた。でもなんか地味に見える」って方、結構いらっしゃいます。 色白なほど美しい。との基準でジャッジしていくと、 ほとんどの方がサマーさんになってしまいます。 ブルーベースの色には、肌から色を抜きすっきりさせる効果があり さらに、明るい色ならばお顔を明るく見せる効果があります。 この2つの要素を満たすサマーの色は誰が当てても肌の色は白っぽくなります。 問題は、その白さがその方を美しく見せているか!です。 本当のサマーさんならば、透明感が出てすっきり色白美肌に見えますが 青白く不健康に見えたり、肌が乾燥して寂しげな印象に見えるなら サマーさんではありません。 色白を強調するよりも、イキイキと血色良く見せることで美人さんに見える方もいるんだよ~!!! ってことです。 ちなみにワタクシ岡は、サマーの色でゾンビのように血の気が失せますが 「色白になったから、あなたはサマー!」との診断を受けたことが過去に2度あります(-_-;)

20150326-215824.jpg