パーソナルカラー診断に男顔女顔って関係ある?

ここ最近、様々な雑誌で、パーソナルカラー診断、骨格診断が取り上げられるようになりましたね。

誰かの真似ではなく、自分を活かしたオシャレをしたい。 そう思われる方がすごく増えている。 私自信も、日々のお仕事を通してそう感じています。

雑誌の特集による自己診断は、 自分に似合う方向性を、ざっくり探る分には良いです。

ですが、正直自己診断で正確な答えに辿り着く事はとても難しいと思います。


ハイヒール

特によくあるのが、パーソナルカラーを知る上で 自分の顔立ちが男顔ならオータム、ウィンター。 女顔ならサマー、スプリング。 という診断方法。

これに関しては、ちょっと意義ありです!

基本的には、 女顔=曲線的な顔 男顔=直線的な顔 という解釈のようですが、

パーツの形だけをもって、パーソナルカラーが決まることはありません。

全ては、色を当てた時にどんな見え方になるか。ですので、 お顔の彫りの深さが影響する事はあっても、 パーツの形そのもので結果は決まりませんよ。

当然、男顔のサマーさんもいらっしゃいますし、 女顔のオータムさんだっておりますよ。

顔立ちや雰囲気とパーソナルカラーを結びつけてしまう事は 誤診を生む原因となります。

顔立ちや似合う服のデザインは、パーソナルカラーとは切り離すべき。 私はそう考えます。

自己診断による間違った結果でこの先を過ごされるのでしたら たった1度のプロによる診断を受けてみるほうが 絶対にお得だと思います。

最近は、診断を受けられるサロンもどんどん増えておりますし、 場所や予算に合わせて選択可能となりました。 ぜひ一度、ご自分の美意識に合うアナリストに相談してみては如何でしょうか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ツイッター始めました(^^♪ ブログでは書ききれないタイムリーな情報、プライベートな事、 感じた事をどんどん発信して参ります~ フォローの程、よろしくお願いします。 レネットカラー&スタイルのTwitterはこちら