ボーダーで春を感じるコーディネート

「あ、もうすぐ春だなぁ」 って、これを見るとそう感じる、そんなアイテムってありませんか?

薄いジャケットや、ピンク、イエローなどブライトカラーのブラウス。 見かけるだけで春を感じてワクワクしちゃう、そんなアイテムってありますよね。

私の場合はボーダートップスなんです。

毎年冬のセールが終わった頃から、いろんな店先に並び始めるボーダーアイテム。 眺めながら麗らかな春の日を想像して、とっても幸せな気持ちになります。

そんなわけで、ここ最近の私はボーダーブームがやってきております。 まだまだ寒さが厳しい時だから、今着るならこんな風に。

今季購入したウィムガゼットのボアコート、 (温かすぎて薄いインナーしか着れないのでちょうどいい笑) デニム、バレエシューズを合わせて、マリンテイストにまとめてみました。

色の印象って大きくて、ダークになりがちな冬服もボーダーの白が加わる事で、ぐっと軽やかに春めいた印象になります。


ボーダーをおしゃれに着るコツ

「ボーダーって、子供っぽくもっさりするから敬遠しちゃう」ってお声もありますね。

ボーダーがもっさりみえてしまうのは、子供の普段着みたいにみえてしまうから。 それを避けるためのポイントをお伝えしますね。


カッチリ見えアイテムを合わせる

子供っぽくみえてしまうなら、大人しか着ないアイテムを合わせるといいわけです。 例えば、レースのスカートやセンタープレスパンツなど、かっちり度、綺麗め度の高いものですね。 素材もコットンよりは、とろみツヤのある化繊素材を合わせると◎です。

男性の場合もセットアップや、チェスターコートなど、オフィスカジュアルにも使えそうなアイテムのインナーにするのがおすすめです。

小物もローファー、パンプス、レザーのバッグなどがおすすめ。 ついつい合わせがちなスニーカーやリュックはおしゃれ難易度がぐっと上がります。


肌が見える部分を作る

これはいわゆる、抜け感を作るってやつですね。 手首、足首、鎖骨など、肌が見える部分を作るとグッと大人の雰囲気に。 長袖パンツにブーツという肌の見えないコーデから、靴を足の甲が見えるパンプスに変える事で一気に抜けが出ます。

「えー、足見せとか寒くて無理!」っておもいますよね。 私も冷え性なのでお気持ちわかるんですが、足首の保温が出来ていると足の甲は出てても割と寒さが気にならないんです。 例えば上の私のコーデ、この場合はレッグウォーマーやレギンスを中に仕込んで、東京の冬はとくに問題なく凌げています。

寒さが緩んで、トレンチなど春物アウターを合わせるシーズンになったら、 手首見せもオシャレな人っぽくきまるので、ぜひチャレンジして見てくださいね!