【冬のNGコーデ】これをするとゴチャついて垢抜けないよ

東京もここ数日で急に寒くなりました。 12月、いよいよ真冬のコーディネートの季節です。

コートにマフラーなど、アイテムが増える真冬、 コーディネートが苦手な方には頭が痛いシーズンですね。

手持ちのコート、マフラー、ニット、スカートを合わせてみると 「なんか全体がごちゃごちゃして垢抜けない!!!」 そんなお悩みの方がやってしまっているのが

全身を『華やぎ素材』でコーディネートしている

これです。


華やぎ素材とは何か?

それはコーデの主役にできる、見た目に変化のある素材のことです。

例えば こんなたくさんの色をミックスさせたニット。

1枚投入するだけで、コーデに表情が出てきます。

ニットに限らず、マフラーなどでお持ちの方多いかな?


それから、ツイードのコート

これもお持ちの方多いですよね。

見た目にも暖かさがある冬ならではの素材。

そしてもはや一年中の定番、

総レースのお洋服。

フェミニン派は冬でも着用率が高めかな?



 

華やぎ素材は柄と考えよう

どれも1つづつはとても可愛いのですが とっても存在感のあるアイテムなので 組み合わせる服を選ぶ特徴があります。

これらの『華やぎ素材』は、柄と同じように考えましょう。 『華やぎ素材』と投入することは、柄物を使うのと同じくらいのインパクトがあります。

●『華やぎ素材』同士 ●『華やぎ素材』×柄物

などのコーディネートは、かなり上級者向け。 計算なしにしてしまうと、どうしてもゴチャゴチャうるさくなりがち。 所謂、盛りすぎってやつですね。

これを避けるには、 『華やぎ素材』は基本、無地と合わせる そう意識しておくと良いです。

 

柄と考えるべきアイテムたち

上記に挙げた ミックスヤーン ツイード 総レース 以外にも、 モノグラムのバッグ 模様編みのセーター ラメ素材 なども「柄」と同じく考えてもらうといいですね。

華やかなコーデが好きで、 上のアイテムを全部持ってるよ! って方もいらっしゃるでは?

冬のコーデがゴチャつきがちでお悩みの方は、 『華やぎ素材』を多用しないこと。 意識して無地のアイテムをワードローブに足してみてくださいね。