初めての診断 どんな服装・メイクで受けたらいいの?【骨格診断編】

さて、前回のパーソナルカラーカラー診断編に引き続き、 初めて診断を受ける時に、服装はどうしたいいの?のお悩みに答えてきます。 第二弾は骨格診断編!




理想はボディラインの見える服

骨格診断では、体のラインや、お肉の質感などを確認して診断を進めます。 なので1番大切なのは、体のラインがわかりやすい洋服である事。

アナリストによって差はあるかと思いますが、 鎖骨・肩甲骨・肩のライン・ウエストライン・骨盤の位置・膝 上記は必ず確認をしたいポイント。

理想のお洋服はこんな感じです。 ・体にフィットしたて襟ぐりの空いたトップス ・ウエストから腰回りがすっきりとしたボトム ・なるべく薄手の素材

アイテムで言うと、薄手のカットソーやニット、前開きのシャツやブラウス。 ボトムは、タイトスカート、スキニーやスリムストレートなどのデニム薄手素材ののチノパンやスラックスなど。

お膝は、直接膝小僧がみえなくても、触って形が予想できる程度の素材の厚みならOKです!

これは避けてねポイント

簡単に言うと、ボディラインが全くわからなくなる洋服です。 特にこれだけは避けて欲しいのが、この3つ。

ボリュームがあるフレアやギャザースカート 分厚い生地で太めのワイドデニム モコモコで鎖骨を見る事も触る事もできないタートルニット


特にウエストから腰のラインはかなり重要なので、ここが見えない服の場合、お着替えをお願いする事になっちゃいます。

ちょうどいい服を持っていない時は

「でも私、ダボダボの服ばかりで理想のお洋服を持っていないよ」って方は 診断の時だけお洋服を脱げるようにしてください。

見えても良いタンクトップやコンパクトなTシャツなどを、中に一枚仕込んでおいてくださいね。

ボトムは、部屋着や短パン、フィットネスパンツなどをお持ちいただいてもOKです。

サロンによっては、診断用のお着替えを用意してるところもあるので(レネットもそうです!)、心配な時は確認してみてくださいね。