私がイメージコンサルタントを名乗らない訳



お仕事を自己紹介させて頂く時、よく「イメージコンサルタントさんですか?」と聞かれます。 それに対して私は「いいえ、個人向けのスタイリストです。」とお答えしています。

そんな風に訂正されても、2つの何がどう違うのよ?!って思われますよね。 ほんと、面倒くさくて申し訳ないです(;'∀')

でも、イメージコンサルタントとパーソナルスタイリスト、 この2つの仕事は、お連れするゴールが全く違うと思っているんです。

イメージコンサルタントは主に診断、分析する事がメイン。 さまざまな診断で導き出した、その方の魅力の最大公約数から、 大多数の方が理想的と思うイメージをご提案する仕事。

それに対してパーソナルスタイリストは、その方の「こうなりたい!」を叶える仕事。 初めにその方のメンタリティを含め、理想の自分像をしっかり設定します。 その理想像を実現する為に、その方が持っているどの魅力を組み合わせればよいのか、 骨格、カラー、お顔立ちなどから効果的な要素を抽出し、最終的にはスタイリングでご提案を致します。

有難い事に私の場合、診断で高い評価を頂いているので、診断だけを受けて納得してくださる方もいらっしゃるのですが、 本当はその先にある同行ショッピングであったり、スタイリングのご提案がとても大切であると思っています。 スタイリングがあって初めて、理想のゴールに辿り着けると考えます。

イメ―ジコンサルタントとパーソナルスタイリスト、どっちがいいとか悪いとかって話ではないんです。 例えばイメコンは、誰かに全てお任せして決めてもらいたい。という方には頼りになりますし 自分を戦略的に演出したいという方におすすめです。

パーソナルスタイリングは、ゴールは貴女の中にあると考えます。 どんなファッションを楽しみたい? どんな人生を行きたい? いまはまだ、ぼんやりモヤモヤしているけど、 スタイリングを通して、理想の自分を手に入れて輝きたい! そう考える貴女にぴったりの手法です。

私は、私を選んでくださった貴女を「理想の未来」に責任をもってお連れしたいと思っています。 そんな訳で、私はかたくなにパーソナルスタイリストを名乗っているのでした~(*´ω`)