続・パーソナルカラーで自分の魅力を認めてあげよう。

さて、前回は自信がなかった、子供の頃のお話をさせて頂きました。 大人になってパーソナルカラーを知ってからも 相変わらず、自分を好きになれない日々は続いていました。 が、あることをきっかけに、考えが変わったのです。 それは、あるメイクスクールに通っていた時の事でした。 そのスクールでは、「ピンク色の頬をした、抜けるように白い肌」が美しい。 と、はっきりとした美の基準を設けていました。 そう、それは私が子供のころから憧れていた美人の要素! 長年の憧れが手に入るかも~♡と喜び勇んで参加しました。 「貴女の肌は、黄みが強くくすんで見えるから、たくさんピンクで補正しましょう」 そういわれ、パールピンクのコントロールカラーに白く明るいファンデーション。 チークは華やかなローズピンク。 何層にも塗り重ねて、完璧なまでに整った美白肌が完成しました。 が、鏡に映った自分をみて愕然とします。 確かにピンク肌に整っているけれど、 そこにいたのはまったく血色がない、 自分らしさの欠片もない、青白い顔でした。 受講生はみんな同じ顔に仕上がっています。 このメイクで素敵に変身している人もいるけど メイク前のほうが明らかに良かった。そんな印象の人もたくさんいらっしゃいます。 その時、実感したんです。 美しさの基準って、1つじゃない!って。 いま思えば、ブルーベースさんならばそのメイクで似合われたでしょう。 でも、イエローベースの私には、自分の持ち味を全部消し去ってしまうようなメイクでした。 確かに私の肌は黄色いけど、オレンジやブラウンをつけると とても艶やかな印象になって悪くない。 血色があまりよくない肌のせいで、フレッシュな印象には見えないけど、 陶器みたいなマットな肌質感は、大人っぽいメイクが似合っていいかも。 そんな風に思えたんです。 桜には桜の、梅には梅の美しさがある。 まさに桜梅桃李。 パーソナルカラーって自分の個性、魅力がどんな持ち味であるのか それを示してくれるものなんだ! そう分かった瞬間、自分の肌色と似合う色をす~っと受け入れる事が出来ました。 私が診断をさせていただく時、似合う色だけでなく 意識してその方の魅力、持ち味をお伝えしております。 それは、診断をきっかけに、自分だけの美しさに気付いて頂き もっと、もっと、ご自分の事を大好きになって欲しいから。 貴女の一番のファンは貴女であって欲しい。 そう心から願っています。 自分の魅力に自信が持てない。 そんな貴女、ぜひ診断をうけてみてくださいね。 きっと、ご自分のことを今よりもっと、大好きになれますよ。

白いバラ