骨格ストレートに似合う服が売っていないとお悩みの方へ

「骨格診断を受けて似合う服はわかったけれども、そんな服はどこにも売っていません」 こんなお悩みをお持ちの骨格ストレートさん、とても多いのではないでしょうか? 実際レネットでも同行ショッピングをお申し込みくださる方は骨格ストレートの方が一番多いです。

診断を受けたことで買える服が極端に少なくなった 服のバリエーションがなく同じデザインばかりになった

これらは程度の差はあれでも、骨格ストレートさん共通の悩みです。 なぜこんな風になってしまうのか? それは骨格ストレートさんに似合う服をデザインやアイテムで覚えてしまう事が原因。

ジャストサイズのワイシャツ VネックのTシャツ 綿100パーセントでないとNG などなど。 ここ数年続くお洋服のカジュアル化の影響もあって、こんなアイテムなかなか見つからないですよね。

ではどうしたらいいのか? それは、絶対にやってはいけないNGを理解することです。 具体的には、 ・詰まったネックライン ・厚ぼったい素材、ふわっと広がる素材 ・体と洋服の間に空間を作る この3つの条件を同時に満たす服を回避しましょう。

トレーナー、手編み風ニット、ビッグシルエットTシャツなど、 骨格ストレートさんのほとんどが難しいと感じているアイテムはこの条件を全て満たしています。

ですが、この3つの条件を完全に揃えなければ、着こなし可能な服の選択肢はぐっと広がりますよ。

例えば、Tシャツ。 素材自体はスムースと呼ばれるカットソー生地で厚みはありません。 肩の位置がずれたデザインを避け、ジャストサイズを選べば、丸首でもそんなに着太りして見えないと感じる方も多いはず。

また、ビッグシャツも同様。 落ち感のある薄めの素材を選べば、体と服の間に空間が出来にくい。 その上でボタンを外してデコルテを見せて着ればOK。 ということになりますね。

こんな風に3つの条件を意識するだけで、着られるお洋服の幅がぐっと広がりますよ!

先日はやはり、「骨格ストレートの診断を受けて、買える服が減ってしまった」というお悩みをお持ちの方が 3daysパーフェクトコースをご受講くださいました。

同行ショッピングでは、似合う服の幅を広げてもらうために流行のアイテムにもチャレンジして頂きます。 今回は春先から人気継続中のシアーニット。


骨格ストレートさんにNGと言われるボリュームニットですが、とても綺麗に着てくださっていますね。 ポイントはやはり3つの要素を揃えないことです。

比較的ネックラインが詰まった、それでいて身幅もあるボリュームデザインですが、 ゆるくザックリと編まれた素材の特性でもある「落ち感」を活かすことで、体のラインに沿わせすっき着用できています。

「自分に似合う服がこんなにたくさんあるんだ!ってわかってとても嬉しいです」と喜んでくださり、私もとても嬉しいです〜。

私自身が骨格ストレートのこともあり、ストレートさんの同行ショッピング、実はとっても自身があります笑 トレンドを取り入れつつもスタイルアップを!とお考えの方はぜひお任せください♡

#骨格ストレート