16タイプパーソナルカラー診断とは

レネットでは、4シーズンよりも詳細に似合う色がわかる「16タイプカラーメソッド®」を採用しております。

4シーズンを細分化した進化型のパーソナルカラー診断

「16タイプカラーメソッド®」とは、16タイプパーソナルカラー、16分割パーソナルカラーなどとも呼ばれ、従来の春夏秋冬4つの季節に分類する方法を、色のトーンでさらに詳細に分類し、より細かくその方にフィットした色調をご提案することができる、新手法のパーソナルカラー診断です。

なぜ16タイプに分けるの?

下の色見本をみてください。これらが全て4シーズンのスプリングの色です。



ですが色の1つずつを良く見てみると淡いパステルカラーがある一方で、はっきり鮮やかな色までが入っています。

診断の際に「これらの色の全てが似合う」と言われたらちょっと不思議に感じますよね。



実際にパステルピンクが似合う方にとって、目が醒める様なビビッドレッドは色が強く使いにくいはず。

むしろ、4タイプのグループが変わってしまうけど、下図のブルーベースサマーに存在する、同じパステルカラーの方がしっくり似合うと感じるはずです。



つまり4つのシーズンでは色調の幅が広過ぎて、本当に似合う色を理解することが難しくなります。

似合う色を無理に4つのグループに押し込めるのではなく、明るさ・鮮やさ・ベース(青み、黄み)・清濁感など、様々な角度から分析して、より貴方の肌を引き立てる色をトーンで導き出す診断が16タイプです。


 

16タイプパーソナルカラー診断を受けるメリットを大きく分けると以下の2つです。

・自分に似合う色の特徴が詳細にわかる ・2番目に似合うシーズン(セカンドシーズン)がわかる


4シーズン診断で似合うと言われたのにイマイチしっくりこない色がある。

パーソナルカラーのグループではないのに似合うと感じる色がある。 そんな従来のパーソナルカラー診断で起きがちな「なぜ?」を解決できる画期的な診断方法です。