太っていても正しい骨格診断は可能なの?

「今、人生で一番太っているから、骨格診断の結果が正しく出るのか心配です」 こんな風に思われている方、いらっしゃいませんか?

心配だから、ダイエットに成功してから受診しようかな。 なんて、おっしゃる方もいらっしゃいますが(;’∀’)

大丈夫です!体重の増減では骨格タイプは変わりません。

当然ですが、「骨格」診断なので、体の骨組みを見ています。

丸みのある胴体なのか、それとも平たい胴なのか。 重心位置はどこかな? 肩幅と骨盤幅のバランスはどうかな?

などなど、つまりお肉の厚さを見ているのでは在りませんよ。


また、骨格タイプ別に太り方にも特徴があります。

ストレートさんは、おなか、腿、二の腕など体の真ん中や、 大きな筋肉のある部分にお肉が付きやすいです。 どれだけ太っても、足首がキュッとしまっている印象。

ウェーブさんは、太ってしまっても比較的上半身はきゃしゃ。 下半身が大きくなりやすいです。 とくに、ヒップの下のほうにお肉が付いたり、 腿よりもふくらはぎにボリュームが出やすくなります。

ナチュラルさんは太りにくい方が多いのですが… 太る時はまんべんなくお肉が付くかんじ。 四角く、がっしりとしたフォルムになりやすいです。

こんな風に、太り方の特徴だけでも骨格タイプは見えてくるので 実際に、お肉の質感や重心なども拝見すれば 多少お肉がついてパーツの形が見えなくなっても、ちゃんと診断可能ですよ(^^♪

診断を受けたい!とおもった時がキレイになる最高のタイミング。 ダイエットしてから、なんて言わずに今すぐ診断をうけてみてくださいね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ツイッター始めました(^^♪ ブログでは書ききれないタイムリーな情報、プライベートな事、 感じた事をどんどん発信して参ります~ フォローの程、よろしくお願いします。 レネットカラー&スタイルのTwitterはこちら