たくさん服をもっているのに着る服がない、というお悩み。

ワードローブに溢れるほど服があるのに、いざという時着る服がない
そんな風にお悩みの方、とても多いと思います。
とくにショッピングがストレス解消になっている!って方はこの傾向が強いのではないでしょうか。今日は、この問題について私の考えをお伝えしますね。

素敵な服がないのではなく、コーディネートができないという事実

ちょっと厳しい言い方をすると、考えなしの無計画なお買い物がこのお悩みを生み出しています。
いつものお買い物パターンを思い出してくださいね。

目的もなくふらふら〜と目についたお店に入っている。
何と組み合わせたら良いかわからないけど、店員さんに勧められるまま購入している。
インスタでみたアイテムを流行っているというだけで購入している

こんな方はめちゃくちゃ要注意ですぞ。
服は膨大にあるのに納得のいくコーディネートが1パターンもできない!
ということが起きているはず。

なぜコーディネートができないのか

それぞれのショップには、得意とするファッションのテイスト(ファッションイメージ)があります。
簡単に言うと、可愛い系、カッコイイ系、ゴージャス系といった、雰囲気ですね。
実はこのテイストを理解したお買い物が、垢抜けたコーディネートを作成する上でとても大切です。

テイストを理解せずに思いつきで買い物をすると、
形や色は似合っているのに、なんか垢抜けない。
手持ち服でコーディネートを組むことができない。
と言う現象が起きてしまうのです。

ファッションのテイストを意識しよう


これらの現象を回避するには、ファッションのテイストを理解し、理性的なお買い物を心がけることです。
お洋服の持っている世界観を正しく理解して、同じ世界観のものを合わせてあげる。
もしくは、理解した上で異なるテイストのものをミックスして自分らしさを演出する。

これらが出来るようになって初めて、雰囲気がある素敵なコーディネートが完成するのです。

世界観があり納得のいくコーディネートを組む為には、実はお洋服の購入段階から勝負は始まっています。
・自分のワードローブと馴染むファッションイメージのものかな?
・自分の目指しているスタイルを実現してくれるアイテムかな?
どんなに欲しいと思ったお洋服でも、一度冷静に考えて見ましょう。
明確なビジョンのないお買い物は迷いのもとです。

さあ、ここまで読んで、私のこと?!ってドキドキしてる方、多いのでは?
安心してください^ ^
ファッションイメージを理解して、コーディネート可能なワードローブを作るにはどうしたらいいのか。
次回具体的にお話していきますね。

(2019年9月21日)


NEWS

 

BLOG

たくさん服をもっているのに着る服がない、というお悩み。 | 東京 レネット

パーソナルカラーではOKなはずなのに暗いアイカラーが似合わないのは何故?

パーソナルカラー診断では、黒やダークグレー、モスグリーンなどの暗い色が似合うと言われたのに、アイカラーだと顔が怖く見えて使えません。どうして? こんな...

たくさん服をもっているのに着る服がない、というお悩み。 | 東京 レネット

新ホームページが完成しました!

ちょくちょくレネットのサイトを訪れてくださる方は気付かれましたね? そう、本日2021年8月30日に当サロンホームページがリニューアルいたしました! ...

【舞台に出る人へ!】ステージでパーソナルカラー・骨格診断を活用するメリット2選

【舞台に出る人へ!】ステージでパーソナルカラー・骨格診断を活用するメリット2選

こんにちは! レネットカラー&スタイルのなずなです🌼 突然ですが、 ・演劇やダンスをしていて、本番のメイクは自分でしなければいけない...

たくさん服をもっているのに着る服がない、というお悩み。 | 東京 レネット

パーソナルカラーは、もはや「似合う色」ではないかもしれない

タイトルだけ見たらカラーアナリストが何を言っているの?と突っ込まれそうですが。 今日は「似合う色」って一体なんなのか?を考えて見たいと思います。 パー...

^