コーディネートができるようになるワードローブの作り方

前回の記事で、「服はたくさん持っているのに、着る服がない」というお悩みについて触れました。

なぜそんなことが起きてしまうのか。
理由は手持ち服のファッションテイストがバラバラで、コーディネートが難しい状態にある為とお話しましたね。
では、一体どのように組み立てることで、理想のワードローブが実現できるのか、その方法を今日はご紹介しようと思います。

ファッションテイストを理解するお勉強をしましょう

イメージコンサルティングを何回受けてもおしゃれに見えない、いっこうに垢抜けないという悩みは、単純にファッションにおける知識の不足であることが多いのです。
例えば、「あなたはエレガントな服が似合いますよ」と言われて、
どんなお洋服や小物でエレガントなスタイルが作れるかわかりますか?
素材は?デザインの特徴は?柄は?色は?
どのファッションテイストも、そのタイプをイメージさせる典型的なアイテムや色などがあります。
それらを意図的に選べるように、まずはお勉強しましょう。

自分で学ぶ方法

ではそのお勉強方法ですが、まず一人でできる事としては
「ファッション辞典」のようなものを図書館で借りて読んで見る。
様々なファッションが発生した文化的な背景やその流れを知る事で、テイストを細かく理解できるようなります。
これ、単純に読み物としても楽しいのでオススメです。
私が好きな本を一冊紹介しますね
ウィメンズウェア100年史


勉強になる内容はもちろんなのですが、ビジュアルが豊富でとても美しいです。
表紙も可愛くて、お部屋にあるだけで気分は上がります。

アナリストに手伝ってもらう方法

次におすすめの方法としては
パーソナルスタイル、パーソナルデザイン、顔タイプ診断と言った、似合うものとファッションテイストを絡めた診断を受けてみる事です。
骨格診断やパーソナルカラー診断は、自分に似合う色や、素材など細かな条件を知ることはできるのですが、それだけでは似合うテイストを具体的にイメージしにくいのです。
上記のような診断を受けて
1、自分の得意なテイスト
2、好きなテイストに近づく為に必要な条件
3、それらを作る為に必要なアイテム
4、それらが購入できるショップ
これらを教えてもらうと良いです。

その必要リストに沿ってお買い物をすることで無駄のないワードローブが作れるようになりますよ。

レネットでできること

ちなみにレネットでは、上記をカラー&スタイルコース、3DAYSパーフェクトコースでお伝えしております。
さらに理解を深める為に、不定期ではありますがイメージコンサルティングステップアップ講座も開催しております。
こちらは「似合う」から一歩すすんで、「なりたい自分」を実現するワードローブ管理やアイテム選びの方法をお伝えしている講座です。
イメコン を一通りうけたのに、まだ理想のゴールに近づけない。
何を買えばなりたい自分になるのかわからないという方が、
具体的にどこを目指したらいいのか、何を買えば良いのかわかるようになったと好評を頂いております。
おすすめです!

なんだよ、結局壮大な宣伝じゃん〜と思いました?
そう思わないでください。
私じゃなくてもいいので、テイストの理解とその実現方法はなるべく早いうちに
お勉強されること、すごくおすすめします。

これらが身についた時、自然とお買い物にまとまりができ、ワードローブに統一性が生まれます。
今日からすこしづつでもテイスト、意識してみてくださいね。

(2019年10月1日)


NEWS

 

BLOG

コーディネートができるようになるワードローブの作り方 | 東京 レネット

体重の増減で診断結果は変わる?

「太ったり、痩せてたりすると、診断結果は変わりますか?」 これは、本当によくいただく質問です。 女性の場合、ダイエットや妊娠、出産などで体重が大きくわ...

リピーター様向けイベント 海ヨガレッスン開催しました

リピーター様向けイベント 海ヨガレッスン開催しました

先日、レネットのリピーター様のための特別企画 「サンセット海ヨガ@腰越海岸」を開催しました。 今回は、私が数秘スクールでご一緒しているご縁で、 ヨガイ...

コーディネートができるようになるワードローブの作り方 | 東京 レネット

肌の青み・黄みって何? 黄み肌ブルベって?

パーソナルカラー診断でブルーベースと診断されるとは、「まさか自分が?!」と大体の方が驚かれます。 その理由が、「自分の肌は黄色いと思っているから」「色...

コーディネートができるようになるワードローブの作り方 | 東京 レネット

骨格ストレートだけど首を隠した方が良いケース

先日ツイートしたこちら、いろいろなご感想をいただき、反響も大きかったので 今日はもう少ししっかりと解説しいていきますね。 骨格ストレートと言えば、と...

^