パーソナルカラーなのに似合わないのはなぜ? その2

こんにちは。
大田区蒲田のパーソナルカラー、骨格診断サロン
Reinette color&style(レネット カラー&スタイル)のオカ ミクです。

さて、先日の「パーソナルカラーなのに似合わないのはなぜ?」の続きです。

もう1つ、可能性があるのは
パーソナルカラーそのものが変わってしまったという事。

パーソナルカラーシステムが日本に普及しはじめた1970年代から90年代前半まで、
「パーソナルカラーは一生変わらない」と言われて来ましたが、
その後の研究で、日焼け、加齢、体調、食生活の変化など後天的な要因により、
似合う色が変化する事が実証
されています。

2つのシーズンの境目にいらっしゃるような方は、ちょっとした変化でも
「あれ?なんだかパーソナルカラーが似合わなくなった?」と感じるかもしれません。

なかでも日焼けはすっごく分かりやすいですよね。
春に似合ってた淡いピンクのTシャツが、日焼けしたらなんだか浮いて見える
なんて体験ありませんか?

また女性の場合、生理中はいつもより顔色が青ざめたり、
妊娠中はホルモンの影響でいつもと肌色が違ったりします。

診断はなるべく、ベストな体調で受けられるほうがいいです。

日本女性の色素は、とってもデリケートで微妙な違い。
「あれ?」っと思われた時には、診断を受け直されるといいですよ

(2014年3月12日)


NEWS

 

BLOG

パーソナルカラーなのに似合わないのはなぜ? その2 | 東京 レネット

パーソナルカラーではOKなはずなのに暗いアイカラーが似合わないのは何故?

パーソナルカラー診断では、黒やダークグレー、モスグリーンなどの暗い色が似合うと言われたのに、アイカラーだと顔が怖く見えて使えません。どうして? こんな...

パーソナルカラーなのに似合わないのはなぜ? その2 | 東京 レネット

新ホームページが完成しました!

ちょくちょくレネットのサイトを訪れてくださる方は気付かれましたね? そう、本日2021年8月30日に当サロンホームページがリニューアルいたしました! ...

【舞台に出る人へ!】ステージでパーソナルカラー・骨格診断を活用するメリット2選

【舞台に出る人へ!】ステージでパーソナルカラー・骨格診断を活用するメリット2選

こんにちは! レネットカラー&スタイルのなずなです🌼 突然ですが、 ・演劇やダンスをしていて、本番のメイクは自分でしなければいけない...

パーソナルカラーなのに似合わないのはなぜ? その2 | 東京 レネット

パーソナルカラーは、もはや「似合う色」ではないかもしれない

タイトルだけ見たらカラーアナリストが何を言っているの?と突っ込まれそうですが。 今日は「似合う色」って一体なんなのか?を考えて見たいと思います。 パー...

^