パーソナルカラーは、もはや「似合う色」ではないかもしれない

タイトルだけ見たらカラーアナリストが何を言っているの?と突っ込まれそうですが。 今日は「似合う色」って一体なんなのか?を考えて見たいと思います。


パーソナルカラーが似合っている気がしないのがなぜ?

初めてパーソナルカラー診断を受けた際に「こんな色が似合うなんて信じらない!何かの間違いだと思います」 こんな風におっしゃる方が一定数いらっしゃいます。 なぜそう思うのか? このタイプの方を分析すると、外見や性格から連想される色が、パーソナルカラーの持つ雰囲気と大きく異なるという特徴があります。

顔や外見の雰囲気とパーソナルカラーが不一致であるケース

外見とパーソナルカラーが不一致であるとは例えば、 お顔がキュートなのに似合う色が暗い色だったり、 背が高くスポーティーな体型なのに、淡いパステルカラーが似合ったりと言った具合です。

キュートで可愛い印象の方なら、ピンクやイエローなど優しい色を勧められることが多いでしょう。もし、その人のパーソナルカラーがオータムで暗いブラウンが似合うと言われてもなんだかピンとこないしれません。



パーソナルカラー=似合う色ではない

そもそも、パーソナルカラーとはなんなのかを定義すると以下の通り。

「パーソナルカラーとはその人の肌、髪、瞳に調和して、持って生まれた魅力を引き立てる色」です。

この「肌、髪、瞳に調和している」という意味を分かりやすくと伝えるために、「似合う色」と言う呼び方をします。

ですがこの「似合う色」という呼び方のせいでしばしば混乱を招いているのです。



似合う色とは外見や印象にマッチしている色

皆さん、お友達や家族の誰かに「私に似合う色は?」って聞かれたら、なんて答えますか? 多分、答えを出す時にパーソナルカラーを予想して「〇〇タイプだからこの色が似合う!」と答えた方は少数派だと思います。 というか、その人は相当のイメコンマニアさんと予想します()

大体は、「〇〇ちゃんは元気な印象があるからオレンジかな」 「〇〇くんは目が涼しげでクールな雰囲気だから青」 そんな風に外見や性格の印象から似合う色を想像したのではないでしょうか?

つまり一般的に「似合う色」といえば、その人の外見や性格から連想される色であるケースが多いのです。 このような混乱を避けるためにも、パーソナルカラーの伝え方を改めて見直す必要があるな。と、個人的に感じています。

パーソナルカラー=顔映りがよく肌が綺麗に見える色 こう考えるとしっくり来る方が多いかと思います。


外見にもパーソナルカラーにも合う色の選び方

どんなにキュートで淡い桜色が似合いそうなお顔でも、オータムさんの場合には白く浮いて見えるのです。 その場合には、オレンジがかったサーモンピンクを選ぶと、お顔の印象にもあって肌も綺麗に見えます。

外見の印象に合う色は、色相(いろみ)やトーンでコントロールする事が可能です。 クールな雰囲気の人は青系や暗めの色 爽やかで優しい雰囲気の人はグリーンやイエロー キュートな雰囲気の方はピンクや赤系 優しい印象ならベージュ混じりのくすみカラーや明るいパステル と言った具合です。

セカンドシーズンも活用して

もし、パーソナルカラーと外見のイメージが大きく乖離しているという方は、パーソナルカラーのセカンドシーズンを活用するのも手です。

例えば、私の場合、顔が子供タイプのアクティブキュートです。 外見から感じる印象はPOPで元気。 そのため、パーソナルカラーのオータム色は重く大人っぽすぎる印象になりがちで、セカンドシーズンである春のオレンジや赤などを使うこと多いです。

このように顔映りだけでなく、外見に似合う色とバランスを取って行くことで、本当の意味で「似合う色」に昇華できるようになります。

雰囲気に合って「似合う色」は、顔タイプ診断で導き出すことができます。 パーソナルカラー診断を受けたけど、どうも似合っている気がしない、、、というは顔タイプがとってもオススメです。